スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレイ・ドナ ノットゥルノ'12

更新が途絶えてからしばらく経つが、体力的に大分消耗している為、誰か代わりにブログを更新してもらいたいぐらいに思っている。どこかのゴーストライターでも良いので。

さて、ワインネタである。


イタリアのサンジョヴェーゼだが、トスカーナではなく、エミリアロマーニャ州の優良生産者が醸す赤ワイン。

以前までは、上級ワインのセカンド的な位置付けだったように記憶しているが(その頃はサンジョヴェーゼと他品種とのブレンドワイン)、いつからかサンジョヴェーゼ100%のモノセパージュワインと進化-深化している。

ワイン単体でもすこぶる美味しく、食中酒としても、サイコーなのである。
おそらく、口に含んだ瞬間に、あっ、コレ良いワインだな、を実感出来るハズである。

まあ、個人的に好きだという思いもありますが。

代わりのゴーストライター見つかるまで、また更新が滞りそうだなー。
それまで、気長に見守ってくださいね。

シャルル・オスマン NV

頂き物生活が続いている。
そして今回も、泡モノ(シャンパーニュ)である。


シャルル・オスマン NV フランス

ラベルをフツーに読んだら、
俺にはチャールズ・ホウサヤマにしか読めないが、シャルル・オスマンである。

シャルドネと、ピノ・ノワールのブレンド。マッシュルームのようなキノコ系の香りや、口に含んだ時の厚みのあるボディーはシャンパーニュならではの貫禄を見せてくれる。
カスタードのような香りなど、ブルゴーニュのシャルドネにも似た特有の熟成香は、ミネラルを含むシャンパーニュの土壌によるものか、少量のリザーブワインがイイ味出しているのかもしれない。
たぶん、どっちもだと思いますが、シャンパーニュなど、語る資格はございませんのでこの辺で失礼。

立て続けに泡モノ、ラッキー。
御馳です!

ドイツのスパークリング

お盆明けに開けたワインである。
ドイツの白ワインなら購入する機会もありそうだが、今回はドイツのスパークリングワインを頂いたので早速開栓してみる。



いわゆる、ドイツ産スパークリングワイン(ゼクト)の黒ブドウのピノノワール100%からなる、ブランドノワールである。ヴィンテージは'11とかなり良い年である。
色調もピンクゴールドなカラーで、パンやイースト香等は少し控えめで、力強さがあるのは、やはり黒ブドウからくるのかもしれない。
シャンパーニュほど、ガス圧が強くはないので、これはやはり土壌の違いからくるものだろう。暑い夏にはスルりと喉を通り、心地よく1本空いてしまった。
比較的涼しいドイツのファルツ地方のワインだと思うが、アルコール表記は13.5%とスパークリングにしてはチョイ高めである。
過熱感はなかったと思うので、おそらく完熟したブドウを使用しているのだと信じたい。
そんな美味しいワイン。
御馳です!

夢の国vol.4

夢の国の記憶も大分薄れてきているが、その続きである。
まだまだ、書き足りないくらいだが、そんな気力体力が無いので、これで夢の続きはラストとしたい。

ディズニー2日目の朝は、ランドホテルに宿泊した特典を活かす為(アーリー入園)、分かっていたことだが、朝から慌ただしい。
朝メシも、ろくに食べずにホテルをチェックアウト。事前に手続きしておけば、フロントに行かずにチェックアウトが出来るカード決済が可能なので、前日にその手続きは済ませておいた。
チェックインの時の様に、またあの列に並ぶのが面倒だったもので。
他の宿泊客とも通路ですれ違うが、どの客もソワソワとなにやら急いでいる感が伝わってくる。まあ、ウチも似たようなものである。
2日目は午後から家に帰宅するので、朝イチでシーに向かうと決めていた。
当然、トイストーリーマニア!が目的なのだが、シーのパークエントランスサウスからアーリー入園する。
通常のエントランスから入園するのとは雲泥の差で、対した混雑もなくスムーズに入園でき、かなりの優越感である。
ここで、また別行動で、オレとチョナンはアメリカンウォーターフロント方面へ。家内と子供達はベビーカーを借りてから合流する。
帰りの時間もあるので、スタンバイの列に並ぶことにする。

ちなみにトイストーリーマニア!に近づくにつれて、向かって右側がスタンバイの列、左側がファストパスに並ぶ列とふたてに別れることになる。
これが厄介で、家内にはどちらに並ぶか事前に伝えていなかった為、これから先、ちょいと大変なことになってしまう。


お馴染みウッディの顔のエントランス

アーリー入園のアドバンテージもあるが、思った以上に手際が良かったからかトイストーリーマニア!のスタンバイの列の最前列に着いてしまった。
これも、想定外な事だったので家内たちより先に中に入ってしまうわけにもいかず、家内の携帯に電話するも繋がらない。
仕方がないので、家族が合流するまで待たせて貰うエリアへ。


アプリでの待ち時間の目安。

休日ともなると、このくらいの待ち時間は当たり前のようだ。

なんとか家内達と合流、交代で中に案内してもらう。何度か言うてるが、この交代で利用させてもらう場合、はっきり言って、物凄く待ち時間が短くて済む。
通常だとファストパスだとしても、中に入ってからも結構な待ち時間になるが、この場合は、最初の家族グループがアトラクションを終え出口から出ると、待っていた家族が、ほぼ待ち時間がなくアトラクションを楽しむことができる。

トイストーリーマニア!はアトラクションとして、かなり楽しめる内容で、人気があるのも頷ける。家内もかなり楽しみにしていたので、家族揃って大満足。何度も並ぶのにも理由があるわけだなを実感。

トイストーリーマニア!前のshopにて色々と物色。
家内は、帰ってから後日、もっと買っておけば良かったとほざいている。

さて、興奮冷めやらぬなか、同じアメリカンウォーターフロントにあるタートルトークに向かう。
待ち時間は40分ほどだったが、このくらいの待ち時間はオレにとっては何てことなかったのだが、並んでいる途中に家内が難色を示し始めていた。
オレ的には、かなり楽しみにしていたアトラクションである。
こんな事で、頻繁に来れる訳でも無いディズニーのアトラクションをフイにするわけにもいかず、キャストさんにヘルプしてみる。
なんだかんだで、楽しいですよ、だとか、並んでいる途中、子供がトイレに行きたくなり、席を離れた後に列にinさせてもらったり、度々お世話になる。
ディズニーの歴が浅いオレが言うのもなんだが、困った時は、ひたすらキャストさんに声をかける、というのが教訓である。
キャストはとにかく、何でも知っている(ハズである)。
アトラクションまでの最短ルート、ファストパスの場所、パレードの時間、レストランなど、とりあえず今回は聞きまくっている。
困ったら キャスト である。

話がソレたが、タートルトークは面白かった。
子供から大人まで、客の心をワシづかみにしていたクラッシュ(カメ)であった。
とりあえず、アノ時諦めて帰らなくて良かったと思ったのが本心である。

珍しく朝の食事をまともに食べていなかったので、カフェ ポルトフィーノで食事。
午前11時前とかだったので、これが功を奏して、ランチ時の人混みを回避出来た。


ジェノヴェーゼなど。

本当は、レストランに入るつもりだったが、探し廻るのが面倒で、たまたま目の前に見えたのがココだった為、ケテーイした。
家内は「どこかで食べるとこないかね?」と、まるで当たり前のように、オレがディズニーの事ならなんでも知っていると言わんばかりに聞いてくるが、そんなわきゃないオレは完全にド素人である。わかるわきゃねぇ!と心で叫びながらも、「おー、ココにあったわ」と、決めたのが、ココ、カフェ ポルトフィーノだ。
お子様メニューもあるし、我々が望んでいたものが揃っている。この旅で最も落ち着いて食事が出来た瞬間である。

この後、ゆっくりとお土産など購入。

いよいよ、車で帰宅の時を迎えるが、モノレールに乗ってホテルの駐車場まで行こうと思った矢先、家内がどうやらシーにアイホンを落としたらしいとのこと。
かなりパニクっていたが、まぁ時間はあったので、シーに戻ってキャストさんに探してもらう。
授乳室にどうやらあったようで事なきを得る。
この後、ようやく帰路につき車で無事自宅に到着した。

2ヶ月前の事だが、やっと夢の国ブログを書き上げられるかと思うと、ホッとした気分と、少し寂しい気持ちにもなるのだが、また気が付いたら、ディズニー行きたい!なんて始まるかもしれないので、それまでは当分の間、アイホンで長文作成はやめておく。疲れるので。

そろそろ、ワインネタいきたいな。

小休止

全くもっての私事だが、目の前に迫った、獲るか獲られるかの戦国時代に、ちょっとひと息ついてブログを更新している。まあ、夢ばかりを見ている場合ではないもので。

平穏無事な人生を恐らく望んでいないのだろう。年老いてから、自分の人生を振り返ってみて、何事も問題なく過ごせた人生というのを、果たして自分は満足するだろうか?と考えたりしている。
60、70歳になって、暇を見つけてはこのブログを見て、ああ、この時はこんな事を考えていたなあ?などと感慨にふけながらニヤニヤしていたいものである。

休日に子供のリクエストで近所の図書館へ。

はらぺこあおむしのDVDを視聴させてもらい、本など色々と物色。

いまどき、古いVHSのビデオテープがあり懐かしいなと思いながらも、レンタルしたところで家にビデオデッキが無いので視聴出来ない。

ビデオ→DVD→Blu-ray に続くマシーンはあるのか無いのか楽しみでもある。

唐突だが、図書館は素晴らしい。自分が学生時代に何度かお世話になって以来ご無沙汰していたが(社会人になってからも何度かお邪魔しているが)、何か調べたいとき又は暇なときに利用しない手はないだろう。

オレはというと、本屋さんで探していた高額な住宅地図を見つけテンションアゲアゲで、コピーを1部させてもらう。

その後、借りたDVD


初代ガンダムである。

残念ながら、1は貸出中だったので2と3を借りる。
原点回帰のつもりでもないですが、それにしても久しぶり。
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。