スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのスパークリング

お盆明けに開けたワインである。
ドイツの白ワインなら購入する機会もありそうだが、今回はドイツのスパークリングワインを頂いたので早速開栓してみる。



いわゆる、ドイツ産スパークリングワイン(ゼクト)の黒ブドウのピノノワール100%からなる、ブランドノワールである。ヴィンテージは'11とかなり良い年である。
色調もピンクゴールドなカラーで、パンやイースト香等は少し控えめで、力強さがあるのは、やはり黒ブドウからくるのかもしれない。
シャンパーニュほど、ガス圧が強くはないので、これはやはり土壌の違いからくるものだろう。暑い夏にはスルりと喉を通り、心地よく1本空いてしまった。
比較的涼しいドイツのファルツ地方のワインだと思うが、アルコール表記は13.5%とスパークリングにしてはチョイ高めである。
過熱感はなかったと思うので、おそらく完熟したブドウを使用しているのだと信じたい。
そんな美味しいワイン。
御馳です!
スポンサーサイト
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。