スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の国 vol.2

闘魂注入でブログを書いている。

従って、夢の国の続きである。
ついでというか、このついでに、ディズニーランド初日でのことに遡るが、とにかく暑いのでアイスクリームでも食べてちょいと休憩というときに、家内から預かっていた アイホンを俺が落としてしまい、スマホの生命線ともいうべき、タッチパネル表面にヒビをいれてしまった。
修羅場を覚悟したが、素直にというか、少し濁しつつ家内に報告するも、最初に一喝されたくらいで、後からネチネチと言われることはなかった。自分が100%悪いのを棚に上げて言わせてもらえば、大事な物(事)は人任せにしてはいけないということかな、と思いつつも、なかなか出来た嫁である、とココでだけだが記しておく。

さて、どこから書けば良いかな。正直忘れてしまっている(前のブログ確認しれよ?)。
おそらく、初日にランドからシーに移動したところかな。
ディズニーリゾートラインというモノレールに乗ってシーへ移動するが、ランド系ホテル宿泊者はフリーパスのチケットを手渡され便利である。

翌日もシーへ来る予定だったので、その下見も兼ねて且つ夜のパレードも見ておくのが狙いだったが、シーに到着しファミリーの体力が著しく消耗しているのが手に取るように解ったので(約1名を除いては)メインのパレードまで、もつか少々不安であった。
ちょうどシーの昼のパレードが終わった辺りの入園だったが、とりあえずベビーカーを借りる方面へ。
ランドで借りていたので、その証明証さえ見せれば再度お金を払わずに済む。

エントランスを抜けメディテレーニアンハーパーを前にミラコスタ前を通る様に右方面へ。
ミステリアスアイランドのプロメテウス火山を目の当たりにして、チョナンは興奮しつつ、やはりシーは大人な印象だ。
この時、我が家の小さな女子は爆睡状態だったが、後ほどこの近辺を通ろうとしたときは怖いからと近づくのを嫌がっていた。
ミステリアスアイランドからマーメイドラグーンへ抜ける道にちょうど、名物のギョウザドッグを売っているワゴンがあるのだが、俺が並んで買おうとするも家内に「並ぶがやめんけ?」との打診に素直に従う。
マーメイドラグーンにてアトラクションでもと思ったが、チョナンの気が乗らず、ぶらぶらちょいと休憩タイム。
唐突だが、マーメイドラグーンの雰囲気は好きだ。
疲れてはいるが時間はあるので、アラビアンコーストへ。
スマホで便利なアプリがあり、アトラクションのスタンバイやファストパスの待ち時間を教えてくれる。ひと昔前では考えられないことだが、それを参考にマジックランプシアターのファストパス18じ台GET。
その後、ぐるっと回ってインディージョーンズのあるロストリバーデルタ。
途中に休憩を入れつつからのポートディスカバリーへ。
それはそうと、シーの魅力のひとつに大人向けにアルコールが楽しめる事が挙げられると思うが、疲弊しきっている為、飲酒しようという気にすらならない。

アメリカンウォーターフロントはある意味、シーでは最も重要なエリアだと思うので入念にチェックしておく。
翌日のアーリー入園(ランド系ホテルに宿泊すると開園15分前に入園可能な特典アリ)の際、最初の目的地はココだからだ。

まだ、書き込む事があるがそろそろ画像のチカラを拝借する。







スマホで長文作成は、少々無理があることを痛感しているが、泣きベソをかいている暇はない。が、只今子守の真っ最中な為、筆(アイホン)を置く事にする。
ただ、次回がいつになるかは解らないのであまり期待しないでください。

スポンサーサイト

夢の国 vol.1

そうだ旅(どっか)に行こう的に、ちょいときばって家族旅行。

行き先は春の東京ディズニーリゾート。
疲れたけど、タノシカタナー♪

車で関越、首都高etcなんてのは、なんだかんだでお初な為、Google Maps 大先生にナビゲーションしてもらうことに。
つかブログのアプリをバージョンアップしたら、都合悪いな。画像かうまくあげられない。少し見づらいと思いますがご了承ください。
※後述 なんかテキトーにやってみたら画像がそれなりに見れるようになっていました。ようわからんけど


夜に現地へ向けて出発だったので、道中子供達、家内が眠るなか、休憩で寄居の星の王子さまPAで仮眠をば。


画像では分かりにくいが、夜にはイルミネーションが綺麗でPAでは珍しいスタイルだ。恐らく自動車でなくてはココには来られないだろう。
満月ではないが、怪しげな空の雰囲気が印象的。
1時間ほど仮眠を取り更に現地へと向かう。
深夜3じごろ、関越道に乗り首都高方面へ。
土曜の深夜~日曜の早朝なので、道路は高速も流石に空いていて比較的スムーズに現地に到着。
今回は、ちょいと奮発してディズニーランドホテルで。
ディズニー系ホテルには(というか、どのホテルでもだと思うが)、独自のルールのようなものがあり、当然オレ達以外の宿泊者もそれをある程度理解しているのだと思う。
まず、朝の7じにプリチェックインを済ませる為にフロントへ向かうも、既に長い列である。この日のランド、シー共に開演時間が朝8じであったため、皆考えることは同じということかな。早くもディズニーの勢いを見せつけられた感じ。更にその前に6じの時点でディズニーのパークチケットを購入していたのだが、今回は2dayマルチデイスペシャルを購入。このパスポートがあれば、その日のうちはランド、シー、両方のパークを何度でも行き来出来るという優れもの。
ディズニー系ホテル宿泊者のみ購入可能な特典である。

細かい手続きを済ませ、いざランドの入園へ。天気が心配だったが、本日は晴天やっぱりオレって晴れオトコである。

さて、ランドホテルの真正面がランドなのだが8じちょうどで、ものスゴイ列、列、列、正にカオス状態である。流石に日曜だな、を実感。
なんとか、入園して、家内と下の子達はヘビーカーを借りる方面へ一旦、別行動。オレとチョナンはプーさんのファストパスGETに向けて、ワールドバザールを抜けてシンデレラ城方面へ向けて歩く。ファンタジーランドに向けて歩くがそこにはプーさんのファストパスの長い列。最後尾に並ぶ。

家内達にはキャラクターグリーティングのミートミッキーがある、トゥーンタウンに向かうように伝えてある。


とりあえず、13じ後半~のファストパスGET。
家内達と合流といった形でミッキーに会いに行くが、だいたい90分待ちとの事。しかも、まだ家内達が到着していない!
まあ、予定が狂うのは良くある事だと覚悟していたが、並んで待っていると、ようやく家内が登場。しかもベビーカー2台を押して、子供を2人載せて向かって来ている。これはかなり想定外なことだったが、パワフル母ちゃんが、しっかりと自分の役割、仕事をこなしている。
並んで待っている間に、ポップコーンやらドリンクで気長に待つ。


ミッキーの家内部はなかなかに面白く、ミッキーと記念撮影もして、子供達家内も大満足の様子。

時間もあるので、近くのジェットコースター(ガジェットのゴーコースター)に乗るが、これがなかなかのスピード感で、家族全員が意外と怖かったと言っていた。ちなみに下の子は0歳児な為、交代で乗車させてもらった。これがスゴく便利で、待ち時間がほとんど無く乗れたのは良かったな。


ついでにスターツアーズのファストパスもGET。

云わずと知れたスターウォーズのアトラクションだが、意外とファストパスが入手しやすいのがよい。スタンバイでも案外早く楽しめるのは、コアなファン以外はあまり興味がないからだろう。
チョナンをスターツアーズに誘うも何故か拒否られ、1人で楽しむことに。



このへん辺りから、自分自信かなりゾクゾクしていたが、アトラクション自体も今回のディズニー旅の中で、個人的にイチバンのアトラクションであった。

この後、トゥモローランドでピザなど食べて軽く食事。
どうでも良い事だが、あいほんでコノ記事を書いているが、少々疲れてきている。PCのほうが楽だなぁ。
誤字脱字をチェックするのも面倒になってきた。とボヤいてみる。

この後、プーさんの時間が来たのだが、ウチの小さい女子のご機嫌がナナメで、少々不安ながら、オレとチョナンとその小さな女子とで、プーさんのファストパスでin。家内は下の子の子守りで表で待つ。
乗り物にいざ乗り込もうという間際まで、並んでいる途中で小さい女子は眠りに落ちてしまい、せっかく朝イチバンで並んでGETした、プーさんがもしかしたら乗れなくなるかもしれないと、かなり焦ったが、なんとか小さい女子を起こし3人で乗り込む。た、たのしぃッス。

家内は、以前来た時に乗ったことがあるから、と大人な対応で今回はプーさんをパス。

この時点でシーに移動しようかということで、一旦ランドを出ることに。
もう少し付け加えると、ロングドライブと、予想外の暑さの為オレの体力も既に限界を迎えていた。

長くなったので、気が向いたら続きへ。

GW

珍しく、続けてブログを更新している。
最近は、家族ネタと化しているなー。

さて、連休最終日は家内以外は休みだったので子供達と、実家のGサンと俺とで海に釣りに行ってきた。
子供達は念願の初釣りである。


ムスコ、ムスメ、Gサンの背中。


今日の釣果

最初から、サビキで狙うは小さいアジと決めておりましたが、釣れたのは僅か小アジ1匹と、ようわからん小魚1匹。

大漁には程遠い結果だが、子供達は大満足の様子なので、まあ良しとしよう。

子供達を連れて釣り行くなら、かなりの達人マスターでないとキビシイを実感。
まあ楽しめれば良いて感じなら、今回みたいので充分ですがね。
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。