スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヤ

唐突だが、新規にワイン用のブログを開設するのが面倒だったので、以前から更新が途絶えていた当ブログで再開発するのが手っ取り早いという決断で今日に至る。
さて、最近自分の周囲でハマッている人が多いスペインの赤、ボデガス アタラヤのラヤ'11。
アルマンサという海にも比較的近く標高が高い畑で造られるようだが、情熱のスペインよろしくなアルコール度14.5%である。
ガルナッチャ ・ティントレラ とモナストレルというスペイン固有の品種からなる、黒紫なカラーで黒赤ベリー系果実の香りや、濃厚な液体からはリドット的な卵か硫黄な還元香も感じられるような気がしなくもない。が、嫌味な感じは無く、ビオという事でもなさそうだ。後口は意外に滑らかなので上手に造られていると思う。手頃な価格も魅力的だ。
スペインの赤ワインはこういった個性がハッキリした旨味たぷーりなワインが多い様な気もするが、薄旨な赤も試してみたいものである。
スポンサーサイト

デコ

ワインが好きになり始めた頃に気付いた事が、美味しいワインは基本的に値段が高いということだ。
安くて美味しいワインもあるとは思うが、そんなのばかり飲んでいたら何より飽きてしまうので、到底1人で1本は飲みきれない。たまには美味しいワイン(例えば著名生産者の裾物ワインともなるとやはり高くて1本4、5千円とか)が飲みたくなるのは仕方がない。
前置きが長くなったが、デイリーワインを試す機会はやはり多く、今回はイタリアワイン、トスカーナのデコ'10。
生産者の名前がイタリアならではの長さで、レオポルド プリモ ディ トスカーナ という、知らん人が聞いたら、なんのこっちゃである。
しかし、コレが良く出来ていて品種はカベルネソーヴィニヨンとメルローのボルドーブレンドだが味わいは全然ボルドーではなく、やはりイタリアらしい。海に近い畑のようなので、サンジョヴェーゼよりも相性が良い品種なのだろうということは、脱サンジョヴェーゼのマッキオーレが証明しているだろう。
ガッツリ豊富なタンニンが若々しくも、まとまりがあるのは、流石は銘醸地といったところだろうか。
コレが千円代なかばで購入出来てしまうのだから、恐れ入ってしまう。
生産者のダリアさんに感謝。
と言ってコレばかり飲んでいて飽きてしまうのはイヤなので、また暫くしてから飲みたいと思う。

コラソン ロコ

すっかり春らしい陽気になってきましたが、最近バタバタと忙しいのと(初めて東京ディズニーランドに行ってきました。)、体調不良が重なって更新が出来ずにおりました。
ワインも開けているのですが、いかんせん鼻がヤラれておりまして、何も感じとることが出来ません。泣
そんななか、スペインワインのコラソン ロコ ブランコ'11ですが、ワイナリーはサッカーのバルセロナ選手であるイニエスタ所有のワイン。サッカーが好きでワイン好きな人は知っているかもしれませんね。
ソーヴィニヨンブランとヴェルデホのスッキリ白ワインのハズですが、肝心の鼻が言うことをきかず、何が何やらサッパリわかりません。赤ワインとロゼもあるので、もしよかったら試してみてください。ハートのラベルで結構カワイイですよ。
ホタルイカ、白エビ、タケノコ、もう少しで山菜なんかと合わせると美味しいかもしれませんね。
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。