スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バースデイイヤーワイン

お酒がある程度飲めるようになると、たいして興味が無くてもワインを飲む機会があると思う。
自分の誕生年のワインも、そのうちに彼氏彼女友人などからプレゼントされたり、自分で買い求めるかもしれない。
自分はというと、自らの誕生年ワインを購入した事はないが(頂いた事はある)、先日子供の生まれ年のワインを2本購入した。
ひとつは、プリューレ・ロックのシャンベルタン・クロドベーズ'08
もうひとつは、ヴァンサン・ドーヴィサのシャブリ レ・クロ'10
どちらもフランスのトップ生産者のグラン・クルのワインで、正規輸入元のもの。
気になるお値段だが、今回は伏せておくとしよう。
今後、子供のバースデイイヤーワインをどのように楽しむのか、視点が二つに分かれた。
将来、自分が飲んで美味しー、なのか子供が成長して子供自らが誕生年ワインを飲む機会があるのかということである。
ま、一緒に飲むかもしれないというシチュエーションもあるかもしれないが、
いずれにしても、少なくても今から20年は先の話である。
更に言うなら、ワインという飲み物がハタチになってからすぐに美味しいと思えるものではないと思うので(たぶんビールも)、よほど人生におけるワインの師匠みたいな人に本人が出会わない限り、本人が楽しめるのはせいぜい30歳前後ではないか。
ワインに限らず人生には何事においても経験が必要だと思うからね。ここにきてワインが飲めない体質というオチだとズッコケてしまうけど。
そんなこともふまえて、並のワインでは駄目で、出来るだけ長期熟成が可能と思えるワインを選んだつもり。
購入のお手伝いをしてくれた知人には、私が飲んで楽しめばそれでいい事だと言われたのだが、本当にその通りだと思う。
今後、家族がもう1人増える予定なので、それもまた数年後に探して購入しようと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。