スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルヴィラ ランゲ・ネッビオーロ'04

長らくブログをご無沙汰していたので、ココに訪問する人は皆無に近いだろう。
何らかの検索でヒットするかもしれないが、定期的に読む人がいたとしたら友人知人でない限りかなりマニアックだ。
今後、読者を増やすつもりもない。
ある意味以前より 責任というのがないので、気楽にサクサクと書けるのが良い。
かと言って、テキトーな事を書くつもりはない。

さて、友人から食事のお誘いがあり、ハンドキャリーしたのが、イタリア ピエモンテのロエロの生産者マルヴィラが造る赤ワインの裾ものランゲ・ネッビオーロ'04。
家のセラーに寝かしてあったものだが、通常はリリースされてから数年で飲んでしまう物だろう。
飲む機会がなくて眠らせていた物だが、熟成感などなくアズキのような香りでタンニンは液体に溶け込んでおり、角がとれ素直に美味しい。若いうちは普通に渋味ありコクありの美味しい赤ワインだと思うが、年月を経てこのように変貌するのも面白い。
ラベルも見ずに、ブラインドで飲むとタダ薄っぺらいワインだと思われるかもしれないが、以前の顔を知りつつ現在を楽しむのも悪くない。こういうのは若いワインには得られないものだから。
こんな事を言いつつも、ワインは自分で買ってセラーで保管するよりも、さっさと飲んでしまった方が良いというのが持論だったりもする。高額なワインの若開けは確かにもったいないけれど、保管のリスクを考えるとそのワインのイメージを掴んでおいた方がベターだ。次回、同じワインに巡り会う日が来るかもしれない。
縁起でもないが、自分が死ぬ前に美味しいと思えるウチに飲んでしまおうである。
コレに関しては、自分でも矛盾した所が実際あるのでブログで後述したいと思う。
長くなったが、ワインは美味しい飲み物である。飲み過ぎると大変だけど。
スポンサーサイト

マトロのムルソー'07

iPhoneのブラウザをChromeにした。
といっても、iOSからsafariを完全消滅させる術を私は知らないので、
肝心な時以外はChromeで満足している。
ついでに自宅のMac book proにもChromeをインストールした。
とりあえずPCのブックマークを同期しておけば、モバイルでも共有出来る為便利ということだが
特にPCを使いまくる仕事ではないのでよくわからない。

さて、マトロの村名ムルソー'07である。
エノテカの販売で、ティエリー&パスカルとあるので、
ドメーヌ物ではなくてネゴシアン物かもしれない。
色調は黄金色。
クリーミーだが厚化粧な感じもなく、カモミールの香味もあるが決して青臭くはなく綺麗で普通に美味しい。
誠実な造り手だということが良くわかる。
感動レベルに美味しいわけではないが、この安心感はお見事。
暑い夏に飲んでもイケそうだ。

ウインドウワインショッピング

先日、大阪の梅田の阪神デパートのエノテカでワインを物色していたら、
プリューレロックのクロドベーズ'05が、15000yenくらいで売りに出されていた。
超お手頃価格だったが結局買わなかった。
1オーナー物らしく、なにやら有名な貴族が放出したものだそうだ。
2005は世紀のビッグイヤーなので、正規の価格だと倍の値段でも買えないだろう。
その日までのイベントで翌日には引き上げられると言われたが、
巧みな心理戦だなとも思いながらも、買わなかったので後から少し惜しいことをしたかなとも思っている。
本気のワインコレクターなら、迷わずカードきって即購入だろうなあ。

場所を変えて、心斎橋の大丸の地下にはDRCロマネコンティ'04が並んでいる。
お値段はというと、945000yen。
もうチョットで100万はさすがに迷わず購入という訳にはいかないケタである。
今から20年くらい前は、ビンテージも違うけど、確か30万くらいだったか、もう少し安いくらいだったように思う。
ま、ワインが好きなので、いつの日か飲めるチャンスが来るといいな。

とりあえず、大都市には良いワインが回ってきて、地方にはなかなか来ないということかな。

一升瓶

PCサイト版だと表示されてますが、
今後は、ほぼワインネタを掲載しています。
我が子達がいつの日か ココ に訪れてくれたらな、とも思っています。
基本、コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。
画像UPしにくくなったけど、これはこれ(文字だけ)でやりやすいかな。

せっかくなのでワインネタです。
とある所で北極星という一升瓶のワインを飲む。
サッポロワインがリリースしてます。
早速自分でも購入。簡単にいうと赤は軽く、白はやや甘い。が、居酒屋などでぐびぐび飲むにはもってこいなワイン。店で飲む本格ビールより、仲間と発泡酒、第3のビールをワイワイ飲んだほうが美味しく感じるあの感覚で飲むのにふさわしい。星付きレストランで飲んでも決して美味くないだろうし、そんなのにお目にかかることもないだろう。
どこぞのぶどうを使用しているかすら不明(輸入なのか国産か)なんだけど、いかにも日本的なノリがあって一升瓶のワインは貴重な存在かもしれない。探せば結構色々あります。
そんな、日本の地酒的な一升瓶ワインを気持ちに余裕があれば今後も追いかけて行きたいと思う。

ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ'10

スマホ(あいほん)だからでしょうか、画像の上げかたを忘れたので。
ヴィエ・ディ・ロマンスのヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ'10。
近年、マロ発酵を全ワイン(赤ワインもかな?)で廃止したようで、それ以前のワインとの比較になります。
今回は貴重なダブルマグナム、3リットルサイズです。
お隣は フロールス・ディ・ウィス'10のレギュラーサイズ。
シャルドネはヴィエ・ディ・ロマンスの樽ドネらしく、しかし暑苦しくない仕上がりのようです。
マンゴーチックなニュアンスですが、マロ無しの影響でしょうか、以前のような完熟フルーツ爆弾のような圧倒的なぶどうのパワー全開ヴィエ・ディ・ロマンス節炸裂というのとは違う印象で、バランスが良いように感じます。
マロ有でも無しでも美味いことに変わりはないのですが。
また、次回試飲した時には載せたいと思います。
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。