スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなかにグッジョブ

昨日の休み(ほぼ仕事だが)は田んぼの畔(あぜ)の草刈りを敢行。
このblogを初めて読む人(でなくても)は何を言わんとしているのかよく分からないかもしれないが細かい事はスルー。

ちなみにオレは草刈り機をスターウォーズのライトセーバーみたいなものだと思っている。
ただ、チャンバラではないが悪ふざけが過ぎると痛い目をみるので真夏の灼熱の太陽が照らす場合であっても気を抜く事は出来ない。
草刈りは1年に多い年で3~4回、同じ場所を刈る事になる。
結構ダイハードである。

昨日再確認出来た事はというと、世の中大型連休モードであっても我がファミリーはほぼ確実に仕事である、という事実。(連休が取れたとしてもオフシーズンに1泊2日で温泉旅行がいいところだろう。これがなかなか楽しい。)
これはウチの子にもこれからしっかりとインプットされるだろうし、父が働く姿というものを見て育って欲しいと思うのである。


で、昨晩飲んだリトル・ジェームズ(サンコム)のルージュはなんだかサンジョベーゼみたいでした。グルナッシュなんだけどね~。評価○
スポンサーサイト

貼紙

○お知らせ○

IMG_4810_convert_20090428230708.jpg
にしても達筆だのぉー。

刺客

釣堀帰りの客人が何やら調べ物のようです。


IMG_4779_convert_20090426231356.jpg

聞くところによると、どこやらでピザという物を食べてきたそうです。


いつもありがとうございます。

ぽもどーろ

地味~に・・

IMG_4777_convert_20090424192406.jpg
IMG_4778_convert_20090424192432.jpg
ホールトマトを裏濾しして料理のベースにね。

ハンドルをぐるぐるぐるぐる回してカスカスになるまで。
この作業が美味しさの秘密だよと以前TVの料理番組でサルヴァトーレ・クオモ氏が言ってた。←受け売りかよ?

いろいろ使える万能選手でした。

ようやく始動

昨日、今日と野菜の種蒔きをしました。
とりあえず、ズッキーニと白ナスとモロッコ菜豆を。
最近は天候が不安定なのでちょっと気掛かりでしたが、ナァ~イスなタイミングで強力な助っ人が登場。
種籾の発芽機がそれである。
発芽機はなんとなくサウナみたいな感じでちょうど空いてるスペースに種を蒔いたポットを並べてみる。
たぶん上手くいきそうな予感・・。

2009 Spring

スラムダンクを久しぶりに読みました(全巻)。
リアルタイムで読んでた時も面白いと思ったものですが今読むほうが断然イイですね!
皆さんも機会があれば是非お試しくださいませ。
1日もあれば全部読めますよ。


お知らせ

G.W.中は4/29、5/6を休業させていただきます。

5/2にプリモは6周年を迎えるのですが、
5/1、5/2の2日間いずれかにご来店いただくと粗品をプレゼントさせていただきます。
本当に粗品ですので気になる方は是非お越くださいませ。
心よりお待ちしております。

追記
上記の6周年記念サービスはディナーご来店の方を対象とさせていただきます。

選挙投開票日は・・

ワイン会。


IMG_4756_convert_20090416103449.jpg
画像左から
番号は飲んだ順です。

1.タフナ/ソーヴィニヨン・ブラン'07/ニュージーランド
2.ジルベール・ピク/シャブリ'04(フュ・ド・シェーヌ)/フランス
3.グルフィ/ヴァルカンツィリア'07/イタリア
4.マルク・テンペ/ツェレンベルグ・リースリング'05/フランス
5.ジャン・タルディ/パストゥグラン'05/フランス
6.バローネ・リカゾリ/カンポ・チェーニ'05/イタリア
7.フェアヴュー/プリモ'07/南アフリカ


1はシレーニ・セラーセレクションと中身は一緒。
2はかなりの熟成感でちょいびっくりしました(一同やや引き気味)。
3は2とニュアンスが似ているので比較試飲という感じで面白い。
4はRWG23号で89~89+点。ダントツで今回の人気NO.1。
5はかなり還元的なご様子(一同やや引き気味)。
6は瑞々しく個人的に◎。が、パワー系と並べると存在がややかすんでしまう。
7は香りが牧場しぼり~的な感じ。←なんよそれ



今回はうちの規模にしては大勢の参加者(総勢8人)でした(笑)。
他県からもお越し戴きまして嬉しい限りであります。

来てくれたみんな、どうもありがとう!



追記

私が信頼を寄せるワインに精通する方の話によると2はどうやら熟成感というよりも樹齢の高さ(ヴィエイユ・ヴィーニュ)からくる深み、複雑さとのこと。ちなみに2の樹齢は約50年のようだ。
こういう話は素直に受け入れるタイプなので、へ~なるほど!という感じだけどブラインドで香りを試したとすると完全に「自然派の白!」って答えそうだ(醤油っぽい香りとか)。味はガチガチなミネラルなのでシャブリというのがなんとなく分かりそうだが・・。
尚更ワインの事が訳分からなくなるのだがこれだからワインは面白い。

フォルマッジョ

チーズ取り合わせ。

IMG_4773_convert_20090417155020.jpg
うちにしては結構いろいろあるで~(この際マスカルポーネも紛れ混ませておく)。
ウォッシュタイプはまだまだ若い(クセが少なく食べやすいともいう)のですが・・。
おいひ~のを是非!

♪なのは~な~

今朝、訳あって収穫した

IMG_4776_convert_20090418145710.jpg
なのはなプチヴェール。

これだけでも1品になりそうです。


さて、今度の休日は待ちに待った播種の作業だ。

IMG_4736_convert_20090409160644.jpg
↑浸種中の種籾。

約1,000枚の育苗箱を運ぶのだが腰をヤッてしまうと大変なので
こないだの休日はとがちゃんとこで全身マッサージ(風俗ではない)してもらってきました。

少しだけ気合いを入れて挑みたいと思う。

ぐりる

定休日の夜に兄と私と家内の3人で安野屋にあるグリルAMIさんにおじゃましました。

前もって(といっても前日に)予約をしてたのだが、当日になって連れの仕事が長引きそうだとのことでお店のほうには少し遅れますと連絡を入れてからの訪問となりました。


早速ですが飲んだワインです。
尚、ワインについてのコメントは割愛させていただきます。
誤解を招くとアレなのでひと言だけ言わしてもらうと
極めて美味。


IMG_4764_convert_20090416103547.jpg
ヴァンサン・ジラルダン グラン・クリュ・エシェゾー'01

IMG_4772_convert_20090416103752.jpg
バックシャン♪はエイ・エム・ズィーさんなのね。


あて


IMG_4767_convert_20090416103609.jpg
宮城県産漢方牛すね肉の赤ワイン煮。
と、パン2種。
すね肉はちゅるんちゅるん♪でソースのスパイス感が絶妙です。


IMG_4768_convert_20090416103632.jpg
フォアグラのサラダ。
AMIマスター曰く、サニーレタスはすーさんの差し入れだそうです。
当然ながらフォアグラちゃん!は口ん中でとろんとろん♪にとろけるのであります。この時点で既に極まりまくっております(爆)。


IMG_4769_convert_20090416103651.jpg
野菜のヘルシー総菜。
赤カブ?の漬物、ゴボウの赤ワイン蒸し、シシトウは白ワイン煮?
と、切り干し大根、ひじき。
この中では赤カブ?がエシェゾー君と抜群に合う合う~♪


IMG_4770_convert_20090416103713.jpg
本日のマリネ。
おさしみっ!(げんげ、ほたるいか、ハタハタ、さより)
は流石にエシェゾー君とはバトルしそうなので
(オースト)ラリア産のシャルドネで。


IMG_4771_convert_20090416103734.jpg
〆 for 家内。
お抹茶アイスでござんス。


どれもこれも大変に美味しかったです。
素晴らしい経験をさせていただきどうもありがとうございます。


AMIマスターとがっちり握手して、もう1軒(冷やかしやろ?)寄り道して帰りますた。

先日、テクノホールで行われたフードピア富山に行って来ました。


IMG_4755_convert_20090416103348.jpg
なんだかんだで毎年開催されてます。

オレは商材を見るというよりはばったり遇った知人と話をするという感じでした。

以前、某ワインインポーターさんにお勤めだった方が別の会社に転職されて、たまたまこの会場におられたので随分久しぶりに話が出来た。ちょっとビックリ!
その方はオレが初めてイタリアに行った時に同行してくださって大変お世話になったものだ。

帰り際に抽選会(空くじなし)に寄り、例年通りにティッシュ1箱をいただいて帰宅。


で、ほんとはこっちが本題のつもりでして・・

IMG_4763_convert_20090416103528.jpgIMG_4762_convert_20090416103508.jpg
去年植えたブルーベリーがもうじき花を咲かせそうです。

少しは実になりそうだね。楽しみ♪

テンペ

ブログを始めてからちょうど1年。
これといってなにもないのですが、これからもよろしくお願いします。

さて、
ローズ・ソヴァージュ'06という素敵なネーミングなマルク・テンペのロゼなのだが、アルザスのピノ・ノワールで造られる限定品。
赤ワイン用に栽培されているそうだがブドウに傷がついた年にロゼにするらしい。
白ワインと同じ醸造法とのこと。もちろんビオディナミ。


IMG_4740_convert_20090409160800.jpg
IMG_4741_convert_20090411114047.jpg
IMG_4743_convert_20090411114104.jpg


淡いサーモンピンクな色で、香りは良い意味でド派手な印象はない。
味は酸、タンニン、ミネラルも感じられて特徴がある。
ロゼという先入観がすっとんで、どこか赤ワインっぽく感じる。

テンペは旨い!

※'06のテンペの白(ツェレンベルグ リースリング、ピノ・ブラン、etc)は例年よりおとなしい印象を受けました。

散った桜の花のシャワーが幻想的でした

お花見オードブルの御予約有。

IMG_4746_convert_20090413112533.jpg

全く関係無い話ですが、最近子供がアレルギーの疑いがあったので検査をしたら何も反応が出なかったので一安心であります。

ゼリー

お客様からいただきました。

IMG_4754_convert_20090413112632.jpg
IMG_4753_convert_20090413112607.jpg
モスカートで造られたワインのゼリーだそうです。

代官山のEataly(イータリー)でご購入されたもの。
モスカートのデザートワインにチーズorチョコと一緒に添えて提供してみわす。

こういった系?は、どしどし御寄せ下さいませ~(笑)。

それにしても 東京→富山 なかなか出来ないものです。感謝!

nero と申します

ワインに熱い友人達とワインをブラインドで利く(聞く)勉強会的なものをしたいということで始めてみました。


ワイン会 nero(ネロ)


先日その記念すべき第1回目が開催されました。
今回のお題は世界のピノ・ノワールの赤。
1人1本持ち寄るスタイルであります。
生産者や畑名まで当てるのは流石にキビシイので生産年と生産国の回答ということに。


IMG_4727_convert_20090408044842.jpg
少人数なのでワインも少なめで(どこでやったかバレバレやな)。

右から順に1、2、3の番号でTry。
利く順はどれから始めてもOK。


IMG_4728_convert_20090408044914.jpg
暗くって何やらようわからんな(笑)。

自分が持ってきたワインも当たりそうな感じが全くしないのだが・・。


以下、オレの感想をフィードバックする。


1.む、むせ返るほどの煙とスパイス、ほんのりナツメグ、腐葉土、紅茶などの香り。
タンニンが結構ガッシリしていて果実の甘味も有。
若い為?かなんなのか香りは開けてすぐと時間が経ったのとでは全くの別物だ。
閉じているとは思わなんだが2005年のフランスがオレの答え。

2.鉄、あずきの香り。1よりおとなしいような感じはするけど、自分を疑いつつ・・うーんなるほどそんな事はないな。タイトな酸、タンニンの収斂性も感じつつ繊細でエレガント。時間が経つとあま~い香り。
2002年のフランスで。

3.色からして1、2とも明らかに違う輝きのあるルビー色を解き放つ。
ハイビスカス、アセロラキャンディーの香り。ミネラリィで穏やかな酸とやわらかなタンニン。なんよ、きゃあ~訳分からんぞ。
ということで2004年のアメリカ。


では、ブラインドオープン。

IMG_4733_convert_20090408044938.jpg
1.グロ・フレール・エ・スール グラン・エシェゾー'01
※酔っ払ってブレまくることをお詫びします。

IMG_4734_convert_20090408044957.jpg
2.ロベール・アルヌー ニュイ・サン・ジョルジュ1er レ・プロセ'02
※酔っ払ってブレまくることをお詫びします。

IMG_4735_convert_20090408045017.jpg
3.カルダーロ(ケラーライ・カルテルン) サルトネル'06


1は言わずと知れた?フラジェ・エシェゾー村のグラン・クリュ。
オフヴィンテージであるが、この豊満さはこれが果汁濃縮機のおかげなのかグラン・クリュたる所以なのか正直分からない。
分かったフリをすつもりはないが、ひょっとしてヴォーヌ・ロマネ村のかなりイイやつでは?という感がなんとなくではあるがあった。

2はプチDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)とも言われる(言われてんの?)アルヌー。
アルヌーのワインを初めて飲んだのは約5年前に飲んだパストゥグランだったと記憶している。ヴィンテージは覚えていないが栓を開けてから2杯くらい飲んで、いったん風呂に入ってから残りを楽しんだ。
当時はブルパスがどんなものかもよく分からなくて(いまも細かなことはよう分からんけど)もなかなかイケルなと思ったものだ。
今思うことはそんな時間をかけて飲むワインだったのか?ということ。

3はイタリア北東部トレンティーノ・アルト・アディジェ州の協同組合の生産者によるピノ・ネロ(=ピノ・ノワール)。
チャーミング系だと思うので3本のうち女子ウケ(一般的にいわれる)しそうなのはコレだろう。
今度、店でグラスで売ってみる(かもしれない)。
カルダーロは個人的に好きな造り手。


イタリアを外してしまってチョイ残念なオレ。
ブラインドはやっぱ難しいですね。
始まったとたん会話が全く無いのなんのって・・(爆)。
ま、最終的には美味しかったしなにより楽しかった。
でも個人的にブラインドテイスティング中は美味しく感じなかったな。
なにかに挑んでいる、なんだかそんな感じ。


ちなみに
2がオレの持ってきたワインでした。
なんとか面目は保ったね。


追記
2は何かの手違いで村名のレ・ポワゼでした。ラベルに1er Cru て書いてなかったからどうなんかなー?て思ってたんだけどな・・。ちゃんと確認せんだオレも悪いんだけど旨かったからまいっか。
ちなみにレ・ポワゼの樹齢は結構高いようです。

ブヒッ♪

業者さんからサンプルをいただきました。


IMG_4725_convert_20090407151620.jpg
県産の豚ロース肉でございます。


早速試食を・・。


IMG_4726_convert_20090407151646.jpg
ここは直球勝負なグリル1択ですね。


なかなか・・・、旨ブヒッ♪脂もイイ~感じ♪
ちょい熟成させても良かったのかもですが
とりあえずスルーパス・・。

田植えはゴールデンウィーク開けを狙っていきます

さすがにもう雪は降らなそうなイイ天気です。
定休日はタイヤ交換だなー。

さて、今年も米シーズンの始まり始まりであります。
今日は種籾(たねもみ)の消毒を・・。※画像無し
オレはランチ営業があるのでお手伝い程度で参加。

今年も昨年に引き続き
コシヒカリ、てんたかく、てんこもり、もち米のエントリー。

ウチでは約60℃のお湯に種籾をブッこんで待つ事10分間。
その後、水にさらして10日ほど放置プレイ。
途中で水を替えてあげてという感じの10日間。
意外と腰にくるものだ。

これから気が抜けない日々が続くのであります。つづく

新学期

子供が入園式と同時に進級となりました。


以下、入園式より。

IMG_4698_convert_20090405112121.jpg
待合室にて。

IMG_4708_convert_20090405111953.jpg
保育園よりお祝いを頂戴しました。

IMG_4687_convert_20090405112654.jpg

ブログ更新しました

桜の花の見頃ももうじきといったところでしょうか。

日本人がWBC(ボクシングではない)級にまた盛り上がるこの時期に北のミサイルorロケットが落ちてきたらえらいことだ。

こればっかりは気をつけようもないのだが、落ちてくるとまた争いごとが増えるのでグッドラックを祈るしかない。
マンマミーア!←使い方間違っとらんか?

さて、今日はプロ野球が開幕したしこれからスポーツニュースでも見ようっと。旨いワインも飲も。


お知らせ

4(土)のランチは都合により休業させていただきます。
ディナーは営業します。
プロフィール

clos de beze

Author:clos de beze
実天補は存在しませんが、ワインネタを不定期ですがup出来ればと。将来的に我が子達が ココ に辿り着く日が来るといいかなと。コメントは受け付けておりませんのでご了承ください。

QRコード
QR
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。